ONE VISION
since 24 Feb 2005
スポンサーサイト
--/--/--(--)
ONE VISION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[スポンサー広告]  [Permalink]  トラックバック(-) コメント(-) [Edit]   [PageTop△]
ThinkPad X201i
2010/12/30(木)
ONE VISION
ThinkPad X201i
*istDS + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited + AF500FTZ
さてさて、先日届いた「ThinkPad X201i」についてその後の使用感なども交えてちょいと書いてみましょう。
まず、今回「ThinkPad s30」からの買い替えにあたって、必須条件として考えていたことをまとめると、、、
 ①トラックポイントがあること(はい、この時点で候補はほぼ限定されましたw)
 ②キーボードがしっかりしてること(さらにこの時点でry)
 ③スペックはCore i3以上、メモリは4GB以上、解像度は1280x800以上。
 ④重さ1.5kg以内、サイズはA4以内(昔より大分ゆるくなりました。。。[昔:重さ1kg以内、サイズB5クラス])
 ⑤予算は10万未満

まぁつまりX201シリーズのスペックをどの辺に構成するかで迷っていたくらいだったわけですよ。
一度(というか10年近くも)ThinkPadに慣れてしまうと、他のメーカーのノートにはもう移れなくなってしまいますね。
仕事先で富士通のフルHDノートを使うことがあるのですが、キーボードがぺらぺらで、尚且つ「HOME」「END」「右Alt」など私が頻繁に使うキーがFnキーと組合せに省略されていて、ありえないほど使いづらいです。。。
ThinkPadのキーボードはIBM時代に比べると質が落ちたとよく言われますが、あくまで最上級キーボードと比べての話。
他メーカー製のキーボードと比べたら雲泥の差があることは間違いないです。
さてさて、それじゃまずはs30との比較写真をいくつか。
奥行きはほぼ同じ。液晶がワイド型になった分、横に広がるのは当然なので、この大型化は私の中での許容範囲。
ThinkPad X201iとs30
*istDS + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited + AF500FTZ[小物]

ThinkPad X201iとs30
*istDS + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited + AF500FTZ

ThinkPad X201iとs30
*istDS + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited + AF500FTZ
こうして液晶パネルを開いて並べると更にs30がちっこく見えますね。
ポイントはパネルの開閉部の位置。
s30はバッテリーがボディーの一部として出っ張っているので、その分開閉部が手前にきています。
s30のバッテリーはちょっと特殊で、開閉部より後ろの質感の違う部分が、くるりと裏側に回ってチルトスタンドになります。
そうすることで、本体の高さは抑えつつ、使用時には打鍵しやすい角度がつくように工夫されているのですよ。
なにせ、本体サイズをB5クラスに抑えたためにパームレストがほとんど無いですからね。

ThinkPad X201iとs30
*istDS + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited + AF500FTZ
キーボードの配置はほぼ同じで、違いはWindowsキーが増えただけ。
ただし、X201iのほうは横幅に余裕があるので、ファンクションキーがちゃんと4個毎に分かれていて使いやすいです。
ただ、一箇所だけs30ならではのキー配置で慣れてしまっていた部分に気づかされました(^^;
それが上の写真、「PgDn」と「Backspace」の配置。
s30は小さいボディーに無理矢理フルキーボードを載せたので、その分が横に出っ張っているというのが特徴でした。
そのせいで、キー配置に段差が生まれていたわけですが、これが実はブラインドタッチ時に非常にわかりやすい!
薬指を伸ばして段差に引っ掛けるようにして二つのキーの位置確認をしてたんですね、無意識に。
X201iで「Backspace」を押そうとした時の第一印象が「んん?無い!?」でしたw
まぁこれはきっと慣れの問題でしょうね。
この記事を書いている今では、まぁまぁ普通に押せてますから。

ThinkPad X201iとs30
*istDS + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited + AF500FTZ
そんでもって次は液晶パネルについての話。
さすがにもう10年近く経つs30の液晶は技術的にも経年劣化的にも比較するのが酷ではありますが、、、
でも写真に撮ってみたら、あらびっくり。
s30のほうが自然な色合いに写ってる!

何でなんでしょうね?
普通に目で見て比較してる分には「s30のほうが暗いなぁ」というくらいだったんですが、、、
もしかしたら、X201iのモニター設定をちょっと弄って発色を上げてたのが原因かもしれません。
ま、それはともかく、単純に画面領域が広がって、これは本当にうれしいですね。
ドット抜けも0個でよかったよかった。

ThinkPad X201iとs30
*istDS + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited + AF500FTZ
性能的な比較はあまりにも隔世の感があるので割愛するとして、現状は何事も不満の無い状態ですね。
バッテリー駆動時でもクロックをガクンと落とすことなく使えるし、バッテリー自体の持ちもガンガンに動画再生し続けてても5時間近くはいけそう。
なによりスリープからの復帰が異常に早い!
これが「Lenovo EE」の恩恵なのでしょうか?正直驚きました。
これなら頻繁にスリープさせてもまったくストレスないですね~
SilkyPixでのRAW現像もあっという間にできるし、HD動画もコマ落ちなく再生できるし、各アプリの起動も早い。
あ、あと、今回初めて導入した指紋認証デバイスもいい感じです。
読み取りも読み取り後のパス解除も遅延を感じない高速な処理で、「待つ」という感じが無いです。

非常にまとまりの無い垂れ流し記事ですが、全部読まれた方お疲れ様でした(^^)
本当はX210が出るまで粘ろうと思っていたのですが、今となってはこのコスパ最高のX201iにしといてよかったなと思います。
さぁ今回は何年現役を続けられるかなぁ~
関連記事
コメント
ONE VISION
新しいThinkPadいいですねー
s30は特徴の「耳」に、IBMのこだわりを感じました。
まさに歴史に残る名機ですね。
自分はX61を使ってますが、高解像度&Win7に憧れる日々です。
(CPUはCore2Duoの2GHzなので、スペック的にはしばらく使えるはず…)
take (#XjNQc0GY) | URL | 2010/12/30(木) [ 編集]
takeさま
実はtakeさんのX61購入記事には随分と誘惑されていたのでした(^^)
まだそのころは世間的にもWindows2000への風当たりが弱かったのでやり過ごせたんですけどね。
s30は私の周りで愛用者が結構居たんですよ。
IBM時代のThinkPadには個性の強い名機がいろいろありましたね~
最近のLenovoThinkPadは堅実だけれど、たまにはクセのある個性的なモデルを投入してもらいたいもんです。
LOTUS (#oFnKZNMw) | URL | 2010/12/30(木) [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Pass: 秘密: 管理者にだけ表示を許可

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
ONE VISION
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2005-2012 ONE VISION. All rights reserved. / Powered by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。