ONE VISION
since 24 Feb 2005
スポンサーサイト
--/--/--(--)
ONE VISION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[スポンサー広告]  [Permalink]  トラックバック(-) コメント(-) [Edit]   [PageTop△]
映画「春の雪」を観た
2005/11/05(土)
ONE VISION
まだ青い果実
*istDS + smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL
この映画を観に行くのが目的ではなかったのですが、ちょっと時間があったので映画でも・・・ということで観てみました。
私は三島由紀夫作品は一度も読んだことがなく、観終わるまでこの映画「春の雪」の原作が
三島由紀夫の「豊饒の海 第一巻」であることを忘れてました。
そんな私ですが、映画を観て感じたことをつらつらと書き連ねてみようかと・・・ (写真は内容と関係ありませぬ)
 私が映画を観る時はいつも感情移入しながら観るタイプなので、その映画に対する評価というのも
カメラワークがどうだの、演出がどうだのといった客観的な批評にはならず、
如何に感情移入できて、物語に没頭できたかが重要なのです。

 そういう観点からすると、この「春の雪」はあまりにも感情移入させることを拒否する作りに感じました。
簡単に言えば感情移入はこれっぽっちも出来ませんでした。
グイグイと観客を引っ張っていくこともせず、物語は淡々と進んで行き、まるで文学を読んでいるかのごとくです。

 そう、この映画は「三島由紀夫文学が映像化されたもの」・・・らしいのです。
(何故 「・・・らしい」 なのかというと私が三島由紀夫作品を一度も読んだ事がないからだ)
評論によれば、三島由紀夫文学というものは非常に映像的な文章で、読み手に情景を思い浮かべさせながら
読ませるものであり、映画「春の雪」はその情景を見事に映像化している・・・らしいです。

 私はどちらかと言うと読書が好きなほうではありません。
誰しもが読んでるだろうと思われる有名な文学作品の殆どを知らないのではないかと思います。
冒頭から述べているように三島由紀夫作品も一度も読んだ事がありません。
けれども、周囲の評論や感想などから三島由紀夫のイメージがどうやら私の中にも出来上がっていたらしいのです。
今回「春の雪」を観て感じた映像美、特徴的な思想、人間の表現・・・
これらは、私が持っている三島由紀夫のイメージにぴったりとはまるものでした。
この映画の目指したところは、そういった“三島由紀夫的なもの”を観客に感じさせることだったのだろうと感じました。
 文学的にどうなのかは解らないですが、映像的には非常に美しい映画であったことは間違いないと思います。
PENTAX PEOPLEの人間として表現するとすれば、
「まるでFA77-Limitedで撮られたような官能的な映像が楽しめるのだ。」  という感じでしょうか。

 長々と書いてみたけれど、三島由紀夫文学が好きな人にとっては、非常に良い出来の映画であるらしいので
興味を持たれた方は実際に見て頂くのが良いかと思います。
単純に美しい映像を見たいなぁという人にもお奨めできるかなと思います。
関連記事
コメント
ONE VISION
私も少し気になる映画ですが・・
LOTUSさんと同じく、私は小説の類、ほっとんど読むことはありません。
本は好きなのですが、物語系のものは、ちっとも読まないですねぇ。

そして映画。こちらは逆に想像性のあるような、非現実的な映画が好きなんです。
だから、日本映画よりは海外の映画のほうが好きですかね~。

うーん・・。やっぱり次に見る映画はハリーポッターになりそう(*^_^*)

なつ (#-) | URL | 2005/11/06(日) [ 編集]
私も?
感情移入できるか否かという点では私も同じです。
私の場合 ちょっと幼稚なんでしょうか
最初の20分くらいで入りこめないと最後まで続きません。
登場人物が多かったり、よく似た外国人がたくさん出るのもダメ。
おこちゃま向けがいいのかな。
そうかも。アニメでも泣けるもんなぁ。ジラーチ・・・(T T)
え 違う?
norissa (#SFo5/nok) | URL | 2005/11/06(日) [ 編集]
なつさま
そうですねぇ、想像性のある(夢のある)ところも無くはないのですが・・・ちょっと暗いんですよねぇ(^^;
ハリーポッターと比較したらもう、それこそドン底映画に見えてしまうかも(笑)
レイトショーだったので若いカップルばかりでしたが、みんな楽しめたのかなぁ(^^;
宇多田ヒカルの主題歌につられた人、竹内結子&妻夫木聡につられた人が殆どなのではないかと・・・
LOTUS (#oFnKZNMw) | URL | 2005/11/07(月) [ 編集]
norissaさま
ジラーチって何だろう・・・とググってみましたが・・・ ポケモンはさすがに守備範囲を超えてました(^^;
でもやっぱり導入部は大事ですよね!
この映画は導入部で見る側に「こういう感じで見れ!」ってハッキリ提示して来た感じはします。
それが合う合わないは別ですけどね・・・(^^;
私も基本的には導入部からグイグイと楽しませてくれる娯楽性の高い映画の方が好きです!
LOTUS (#oFnKZNMw) | URL | 2005/11/07(月) [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Pass: 秘密: 管理者にだけ表示を許可

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック
ONE VISION
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2005-2012 ONE VISION. All rights reserved. / Powered by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。